スポンサーリンク

Accessの販売管理システム - 支払締め処理の便利な使い方 支払書の印刷

販売管理システム(売上仕入在庫管理ソフト)の使い方
支払締め処理について
スポンサーリンク

Accessの販売管理システム - 支払締め処理とは

リリ
リリ

Accessで作成された販売管理システム(全体仕様)にある「支払締め処理」って何?

SE
SE

一か月分の仕入を集計して、支払書を印刷することだよ。支払書と仕入先からの請求書を比較すると、仕入からの請求額があっているか確認できるんだ。

締日の設定などは、顧客登録画面の[仕入設定]タブからおこなえるんよ。

メインメニューの[仕入]タブにある[請求処理]ボタンから開くことができるよ)

支払締め処理画面
支払締め処理画面
SE
SE

①仕入先を選択してから、②「締め年月」を指定、その後、③[締め処理実行]ボタンをクリックすると、締め処理が実行されます。締め処理が実行されると今回支払額などに、金額が表示されます。

今回支払額の計算式は下記のとおりです。

前回請求額(前月の今回支払額)-当月支払額-当月調整額+当月仕入額+当月消費税額

締め結果
締め結果
リリ
リリ

本当だ。1か月分の合計額が表示されるんだね。

SE
SE

各行の[削除]ボタンをクリックすると、締め結果を削除できるから必要に応じて利用してね。

無料でも利用できる便利な販売管理システム(売上仕入在庫管理ソフト)は下記から取得できます。

無料 売上管理 フリーソフト カスタマイズ対応型 販売管理
標準利用無料で、納品書や請求書を簡単に作成できる売上管理ソフト(カスタマイズ対応型 販売管理ソフト)を開発し提供しています。一括メール送信機能やRFM分析機能など、便利な機能もたくさんついています。カスタマイズ対応型 販売管理ソフトなので、ソース公開版もあります。

Accessの便利な使い方

リリ
リリ

締め処理が終わっていない行には、赤字で「まだ締め処理が実行されていません。」と表示されるけど、どうやって締めが終わっているかいないかを判断しているの?

締め処理 未実行
締め処理 未実行
SE
SE

今回支払額が空欄(Null値)かどうかで判断しているんだ。IsNull関数で今回支払額がNull値かどうかを判断して、iif関数でNullの時には、「まだ締め処理が実行されていません。」と表示されるようにしているんだよ。

=IIf(IsNull([今回支払額]),”まだ締め処理が実行されていません。”,””)

IsNull関数

IsNull関数は、かっこの中がNull値であればTrueを、そうでなければFalseを返す関数です。Null値は0でも、長さ0の文字列””でもなく、まったくデータが存在しない状態を表します。

iif関数

式を評価して、条件を満たしていれば第二引数の値を、条件を満たしていなければ、第三引数の値を返します。

=iif(条件,条件を満たした時に返す値,条件を満たさない時に返す値)

もっと詳細な設定を知りたい場合、Accessで作成された販売管理システム(売上仕入在庫管理管理ソフト)のソース公開版がお勧めです。

無料 売上管理 フリーソフト カスタマイズが可能
プロ仕様 売上仕入在庫管理(営業支援/通販機能付)ソフトです見積書、納品書、請求書、締め請求書、領収書、発注書や仕入書の発行、及び在庫計算をができます。RFM分析やメール一括送信機能もついています。ソースまで公開。カスタマイズ対応型 販売管理ソフトとなっています。。

コメント

タイトルとURLをコピーしました